野池キングになれ

ツイッターでプロモーション(広告)枠でイマカツのコラム記事が流れてきたのを見た。

 

無料で読めるらしい。

 

今江克隆/バス釣りの水平線 連載第18回 | Fujisan.co.jpの雑誌・定期購読

 

文中で使われるタックル、用語等は時代の流れもあるが、内容としては私が『釣りトップ』時代に読んでいた彼のコラムと、読者からの質問というお題をテーマに語る、という点も含めて変わらないなぁという感想を得られ、あの頃を少し懐かしく思い出した。

 

注釈  釣りトップとは学研が発行していた小中学生向けの釣り雑誌で、ブームを先取りして1990年頃はバス一色の内容になっていた。

 

それは、いわゆるワールドシリーズ(っぽい名前のバストーナメント)が始まった頃であり、同紙ではあの村田基さんもバスプロ的な立場で連載している等、黎明期らしい状態であった。

 

ちなみにジムは三ヶ月に一回位、『いかに俺のボートは日本で1番速くて、誰もついてこれないのか』を語り、謎の優位性(まあ確かに有利だけどさ)を誇っていた。

 

 そんな氏のコラムで未だ印象深いのは、読者からの質問で『バスプロになりたいのだが、どうしたらいいのでしょうか』と言う、ショースポーツのトッププロだけでなく、メディア等で活躍している人や、趣味系、又はジャンルとしてファンが多い業界のインサイドにいると受ける事が珍しくはない憧れにより生まれる疑問に回答した記事であった。

 

今にして思えば、まだイマカツ氏自身もバスプロとして駆け出しというか、バスプロと言うもの自体が漠然とした時期であり、プロ野球選手の様に自信を持って少年に明確な道を示すと言う確度で答えるのは難しいかったと思う。

 

それでも氏は、今のテンションと変わらず答えた。バスプロは断言しなければならんのである。

 

『野池キングになれ』

 

その手法の方が鮮烈で(最初は上手い奴に取り入ってでもメソッドを盗んで、いろんな奴から吸収すれば君がナンバーワンだ的な…)、肝心のなぜ野池キングになる事がバスプロに繋がるのか、と言う、風吹けば桶屋理論の部分は記憶が曖昧ではある。

 

まぁ、実際に現在(2016年頃)の状況として、ルアマガでイマカツ氏が言っていたのだが、イマカツが大手メディアでプロモーションしても大して売れなかったルアーが、地元レイクしかやらない地元アングラー(正に野池キング)が徹底的に一つのレイクで釣り倒したら火がついて凄い売れる、みたいな事は起きてるらしい。

 

ただ、別にその時の記事は、そんなネットによる情報拡散により人気や話題が伝播していく時代を未来予知をした訳でもなく、もっとシンプルな地区大会の先に、県予選があって、関東大会、全国大会があり、先ず地区を突破せんと話にならん的な部活ノリの話だった気がする。

 

一方であれから30年近くが経つ割には、釣りのプロと言うのが、未だに職業としてプロ野球選手のように確立されてはいないにせよ、活躍すれば良い野池といのは見えてきた気がする。

 

 

それは何処でも多々起きている構図で、特に紙媒体が最大手のメディアとなる様なジャンルで、個人メディアによる逆転と言う地殻変動である。

 

ここで若干話は迂回するが、街の本屋をAmazonが潰したと言われたが、実の所、Amazon上陸前にコンビニが回転の早い雑誌、週刊誌を中心に年間5000億円を奪っている事実は意外と知られていない。

 

その奪った売り上げ自体、コンビニ店頭にてあれだけ派手に売っているが実はピークの半分以下になっており、ジャンプの様なキングですら凋落しているのが、紙と言う媒体の現状なのである。

 

また、広告媒体としての信用を高める為に、本当に印刷所が発行した部数を証明する、発行部数証明書、というものがあり、先のジャンプを始めとした漫画誌、文春に代表される週刊誌、さらには趣味のジャンルではゴルフ誌などがこれを行なっているが、釣り雑誌は一つもやっている所が無い、というのが、お察しください、と言う事なのだろう。

 

 

このネットによる自分メディアを活用しているかどうかで差が現れ始めたのが、2000年代から10年頃における東京湾シーバスゲームシーンではないか、と最近感じている。

 

大野ゆうき、村岡昌憲、と言う両者が、あれほど圧倒的に支持されている要因として、何処で差がついたのかを考えると、ブログの存在は大きかったと感じる。(これは2010年以前、fimoが始まる前の話で、始まった時は既にトップクラスだった。)

 

レガシーなメディアと言うのは、取材の当たり外れは時々有るにせよ、有る意味で差をつけてくれないからね。

 

この点で、彼らはネット上における『東京湾シーバス池』を制したと言えるんじゃないだろうか。

 

ここで大野さんの様に〜、を目指してブログで行く、本当にプロになるんだ、と言うのであれば、質量共に彼らを越えるって事を先ずやらないとむりなんじゃないだろうか。

 

この先は当然、別路線として動画ってのが出てくる訳だけど、撮影や編集は思ってるより簡単ではなかったりする、特に一人だとね。

 

特に、イマカツの様な『釣り人が釣り人として憧れる存在、バスプロの系譜としてのユーチュバー』と言うのはまだ座席が空いてる感はある。

 

これはブログにせよ、動画にせよ、「どう?俺すごいでしょ?凄いって言って!」と言うスタンスで創作しない事を忘れない事が重要だと思います。

 

気分として、目指せ野池キングなのではあるが、トーナメントで勝っても物が動かない時代、キングの定義も単純に釣り勝つではなくなっているのではないだろうか。

 

iPod touchから電車に揺られる1時間で書いた雑文故にご無礼

 

イマカツによると今年はマグナムフローティングバイブが、くる!らしい。

 

f:id:K_adviser:20170724180138j:image

 

それはこれの事なのだろうか。

 

泳ぎを見ようとシーバスロッドでチョイ投げしたら、バキッと折れたのでそれ以来封印している因縁のルアーである。