エイ、ウツボ、ウミヘビを避ける低中層ぶっこみ泳がせ釣り仕掛け考案

大西が得意な釣りであり、これまでカルモア釣査団の生放送という限られた時間の中でも何度か、ミラクルな釣果を出してきたブッ込み泳がせ釣り、というのがあります。

 

ヘブン1

f:id:K_adviser:20171110133309j:plain

 

ヘブン2

f:id:K_adviser:20171110133327j:plain

 

 

 

活きアジの入手が難しい地域や、現地調達の手間とリスクを回避できる、ウグイ系の活餌が多くの釣具店で取扱をはじめた事もあり、関東、特にヒラメや青物、タチウオが釣れるようになってきた東京湾で、今後、広がりを見せていく可能性がある釣りです。

 

 

一方で、この釣りを行った方が体験する恐怖として、釣り人目線でみるとロクでも無い奴ら、強烈なゲストがくる確率がとても高い釣りでもあります。

 

巨大なアカエイウツボ、ウミヘビ(クロアナゴ)など、底で死魚を食べるようなスイーパー(掃除人)な奴らです。

 

地獄の光景

f:id:K_adviser:20171110133347j:plain

 

※ エイは尻尾に強烈な毒針がある為、近づく段階ですら注意が必要です。

 

 

地獄の光景2

f:id:K_adviser:20171110133442j:plain

 

食べると大変美味しいのですが、腕に巻き付かれた上に、物凄い歯で噛まれるので大変危険です。

リリースする場合はハリスから切る事を推奨します。

 

 

こいつらを避ける努力は出来ないだろうか、というのが今回の仕掛け考案の主題になります。

 

 

ベタ底は危ない

 

上記した生物は基本的に底を徘徊しています。

 

ここで、活餌が元気な時は良いのですが、弱ってくると底に着いている状態になります。

この一定時間が経過したタイミングというのは、ある意味でフィッシュイーターにとって捕食しやすいチャンスと同時に、エイやウツボが好む泳層に仕掛けが入ってしまう事を意味します。

 

f:id:K_adviser:20171110135259j:plain

 

せっかく出た強烈なアタリがエイだった、ウツボだった、というのは、この釣りをしている人なら多数経験している状態となります。

 

 

ウキ釣りで中層より上に狙いを絞ってしまうというのは回避方法としてありですが、低層のターゲットが釣れる事が減るだけでなく、

 

流れる事で潮が早いところでは難しい、更にはウキを広く流せない状況だと、こまめに打ち直しが必要になってしまい、エサとなる活魚の消耗が激しい、などデメリットが想定されます。

 

 

この点において、今年経験した2つの仕掛けのメカニズムを泳がせ釣りにも流用できないだろうか、と考えました。

 

 

 

自立式低中層泳がせ仕掛け

 

沈めウキのフカセ釣りと、ぶっ込みサビキという、重いオモリは底に付けるけど、上部にウキを付けている仕掛け、というのが参考になりました。

 

 

f:id:K_adviser:20171110140723j:plain

 

<キモになりそうなアイテム>

 

UMEZU(ウメズ) 中通玉 8号 3コ入 0386F

UMEZU(ウメズ) 中通玉 8号 3コ入 0386F

 

 

 

 

 

<この仕掛けのメリット>

 

・ 活餌が弱った時に底に落ちない

・ 仕掛けを立たせる事でバーチカルにポイントへアクセス

・ 根掛かりを防ぎエサや仕掛けの損耗を減らす(大型根魚などを岩礁帯でも狙える)

・ 流されないのでピンポイントで待っておける

 

 

<想定される問題点>

 

親子サルカンの強度が大型青物には耐えられないかもしれない。

リスクは低減するが、多少は浮いて食う、のでゼロではない。

ウキがある分、違和感を感じて離す確率が上がるかもしない。

仕掛け絡みの発生率はエサの泳ぐ量によるので、やってみないとわからない

 

 

この放送はエビ撒きがメインなのですが、泳がせも置いておいたら、という感じなので、この仕掛を試したいと思います。

 

何しろ出たら巨エイみたいな所なので、最低でも底は切っておきたい。

 

live.nicovideo.jp

 

Netflixはじめました

最近になってNetflix(ネトフリ)の契約しましたが、皆さんは見てますかネトフリ。

 

動画はAmazonビデオで見てるから十分なんて、完全な誤解です。

ネットフリックスで、それらはオマケにしか過ぎない、この意味を解説します。

 

www.netflix.com

 

この点、日本だと、既にプライム契約を持っている人が多く、ビデオ見放題サービスとしてはラインナップも豊富なAmazonで十分、という意識の人が多いと思われ、専門サービスのネオHuluやネトフリが苦戦している要因でもあると思います。

 

配送サービスに期待して契約していた人にとっては実質0円なのに対して、動画だけで650円~1000円というのも大きいでしょう。

 

また、スポーツ専門放送のDAZNが大きく契約数を伸ばした要因でもある携帯キャリアとの連携においても、ドコモやau等は、既に独自にdTVやビデオパスを展開しており、むしろ強力なライバルになっています。

 

 

今後、米国のサービスから独立したことで、世界でのバックボーンが全くない日本だけのHuluは相当苦しいかと思います。

 

一方、世界を制しているのがネトフリ。

 

それ故に、膨大な契約者数を背景に、年間のオリジナル番組制作費が、日本の全民放局合計値を上回るそうで、Amazonと正面から殴り合いを続けられる体力があるプレーヤーと言えます。

 

私も、そろそろ、そのビッグウェーブに乗っておかないと、世界的潮流から取り残されるのもマズイだろうと、いわゆるネトフリオリジナルを見る為に重い腰をあげた訳です。

 

 

世界を制したメデジン・カルテル麻薬王パブロ・エスコバル

彼が政府、警察、敵対組織との戦争(抗争)に明け暮れる半生を描いたドラマ

f:id:K_adviser:20171123171643j:plain

引用元 https://www.netflix.com/title/80025172

 

 

 

 

ネトフリ契約したら『火花』は見といて損はない

 

 

特に、いわゆるキラーコンテンツとなったのが、ピース又吉芥川賞を受賞したことでメディアミックス的な展開が行われている『火花』であり、潤沢な予算を背景にネトフリで映像化されているのを知ったのは大きなキッカケでした。

 

この原作は、売れるかどうか瀬戸際ラインにいる若手お笑い芸人を描いた※青春ストーリーな訳ですが、作品内のセリフを引用すると『淘汰されずに生き残った』プロ中のプロが書いた事によるリアリティーは、もはや半自叙伝的な作品と言っても過言ではないと言えます。

 

※ こう書くと、いわゆるチャラい作品をイメージする人がいるとアレなんで補足しますが、文学畑な作品なので、少し内面的な、ウジウジした感じですけど、ゆえに重さがあって良いわけです。

 

また、お笑いシーンが映像化した事によって、これまで読み手により脳内補完されていた速度や動き、テンポと言うものが、よしもと全面バックアップによるプロクオリティで再現されたのは非常に映像化の意味があったと思います。

 

原作の看板だけ借りて金儲けしようという、浅ましい根性による何の意味もない映像化が乱発している中で、素晴らしい事です。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

Amazonにはない作品

 

 

さて、他にも昨今ではアニメでも、テレビ放送はするのですが、ビデオオンデマンドには特定のサービスにしか出さない、制作委員にAmazonやネトフリが入ってる作品というのが、あります。

 

例えば、甲鉄城のカバネリAmazonBLAME!の映画版やクジラの子らは砂上に歌うはネトフリです。

 

 

www.youtube.com

アニオリだけど怒るファンは一人もいない、というデキじゃないですかね。

 

 

この点で優勢なのが膨大な制作費を持つネトフリであり、また、契約してみて思うのは、Amazonが買わない様な値段が高い作品も買っているのではないでしょうか。

 

例えば、美味しんぼは両方にありますが、Amazonだと日米米戦争等のスペシャル版がありませんし、プロフェッショナルやプロジェクトX等のNHK作品もありません。

 

勿論、細かく吟味すると逆パターンもありますが、総合的に見るとネトフリの方が多いかなぁという印象です。

 

 

そんな訳で、最近はAmazonの滞在時間よりも、ネトフリの滞在時間の方が断然増えているのですが、オリジナル作品も興味がある奴は何個かチェックしたので、それ以外も見てみるかと、プロジェクトXを何となく見てみたんですよ。

 

いやいや、今見てみると、かなりヤバイというかツッコミどころ満載な感じですね、これは。

 

なので次回は、何の気なしに見た、プロジェクトXについて書きたくなりました。

 

タチウオ絶コロマン ウキ釣りでアタリは出るのにかからない…もう奴らを逃がさない仕掛け

初めてですよ…

 

ここまで私をコケにしたお馬鹿さん達は。

 

 

昨今、関東、特に東京湾でも魚が釣れる事が解り、盛り上がってきた岸からのタチウオ釣り。

 

今年は夏頃から好調の報を聞くことも多く、運営する生放送釣り番組『カルモア釣査団』でも取り上げた訳です。

 

1回目の放送では、エサであるアジがイカに数度襲われた為、イカ仕掛けに変えた所を、タチウオに持っていかれる、ミッドウェー海戦における装備換装の悪夢が再来したかのような『カンナにタチウオはかからねーんだよ!』事件で惨敗。

 

 

『このままじゃ終われるわけねーだろうがよ』と意気込んだ2回目は

 

live.nicovideo.jp

 

その場しのぎで作ったオリジナルなフックセッティングの限界を露呈し、投げ入れたエサは入れ食いされましたが、一度も針にかからず、終了となりました。

 

 

まぁ、番組では、これこそがタチウオ釣りの醍醐味なんだ、これがやりたくて皆行ってしまう、と共感を得るコメントも多数頂いたように、

 

必ずしも漁獲を必要としない趣味としての釣りの観点から、更に、私は釣った魚を持ち帰らない事もあり、楽しめたのかと言えば、それはもう、楽しい体験であった訳です。

 

ああでもない、こうでもない、と毎回エサの付け方、使用する針の変更と、その場で出来る事をやり、すぐに反応が得られ結果が出る、というのは自然を相手にする釣りでは中々、遭遇しないことでもあり、貴重な体験でした。

 

 

つまり、今回は、その延長として、では手持ちの道具ではダメだったので、一度リセット、そう今流行りの独断かつ、人のメンツを丸潰そうが一切気にしない、リセットをして、インターバルタイムを活かした、余裕のある時間で再度、タチウオ釣りの仕掛けを考えることにしました。

 

また、前回は当日に、デザインを実現する道具を買いに行ったのに、マニアックな道具は置いてなかった、という悔いも一部あります。

 

 

先ず、私が人よりもアタリを多く得る為に、当日にスーパーで人間向けに売られてる食用のアジを使う場合、なぜ、かかりづらいのか考えました。

f:id:K_adviser:20171003180926j:plain

 

 

タチウオは長細い魚なので、真上から見ると、くちばしのような形状をしています。

 

 

これに対し、針をどの様に設定したとしてもとても接点が少ないのが解ります。

 

f:id:K_adviser:20171003181145j:plain

 

 

また、エサ釣りで針を口に刺す上で、口の中に入った針が、口の中を滑って、最終的に、口のエッジを支点に刺さる、というかかり方をすることが多いのですが、

 

タチウオは多くの魚と異なり、そのまま噛んでる事が多いです。

 

f:id:K_adviser:20171003181254j:plain

 

 

釣り針が魚に刺さるメカニズムとして、魚が捕食後に反転するから、魚の口付近で支点が生まれるが、反転しないタチウオは支点が発生せずに、そのまま抜けてしまう、ということになります。

 

様々な形状がありますが、極論的には、エサを飲んだ時以外は、全て運任せと言えます。

 

 

非常に参考になる動画があります。

 

www.youtube.com

 

エサを捕食した後に 、くわえたまま、向きを変えない、反転しない、タチウオ独特の捕食姿勢です。

 

 

 

ルアーやテンヤ(引き釣り)は魚に針を刺すメカニズムが違う

 

ここで、アタリの数に対してルアー釣りや、テンヤ釣りのキャッチ率が高いのは、そもそも、魚の口に針を刺すためのメカニズムが異なるからです。

 

研究をする上で、これらの釣り方では、釣り上げられた直後のタチウオ画像を、徹底的に見たところ、針が外がかり、外から口にささる状態、もしくは顔周辺に刺さっている事が、とても多いことに気が付きました。

 

 

これは最早、フグやカワハギのカットウ釣りに近いイメージの釣りで、感度の良い仕掛けで、アタリを素早く察知し、大きな針に強い力を発生させて刺す、という、

 

そもそも針が口の中に入ってくれることを想定しない、別のメカニズムだと理解する必要があります。

 

ワインドルアーですと、ヘッドについてるトリプルフックが下顎に外がかりしてるケースがとても多い筈です。

 

つまり逆説的に見れば『 従来の針がかりとは別のメカニズムであれば、タチウオのアタリを多数かけられる 』とも言えます。

 

 

 

以上を踏まえて、あくまでもアジ一匹エサを使った電気ウキ釣りで、私が考案した仕掛けが、本記事で紹介する、タチウオ絶コロマンになります。

 

 

ベース

 

f:id:K_adviser:20171003181831j:plain
 

アジの姿勢制御用に水平針を使用しています。

 

遠投した際にアジの硬い所に、これが作用することで、身切れなどを防ぎ、またウキを流すことで、自然な姿勢での水平移動により、違和感を与えません。

 

HARIMITSU(ハリミツ) 太刀魚 W 4号 P-35

HARIMITSU(ハリミツ) 太刀魚 W 4号 P-35

 

 

 

 孔明の罠的に、これをアジの内部に仕込むことも出来ます。

 

OWNER(オーナー) 掛かっちゃう太刀魚 中 33582

OWNER(オーナー) 掛かっちゃう太刀魚 中 33582

 

 

鮎の掛け針みたいな形状をしたかかり重視の針です。

 

 

万全に見えるようですが、この時点では、まだ、

 

・ 運良く針を噛んでくれた

・ 咀嚼してる過程でたまたま針が引っ掛った

 

と運任せであると考えます。

 

 

ここで次に、画期的なワイヤーとトリプルフックの運用を行います。

 

用意する物 ワイヤーと とトリプルフック ST26かST36の#14

 

f:id:K_adviser:20171003183152j:plain

 

ワイヤーに数珠状に、固定せずに通します。

 

 

 

f:id:K_adviser:20171003183352j:plain

 

 

 

f:id:K_adviser:20171003183419j:plain

 

 改良版と装着例

 

 

デザインや企画が良いものだとして、実装の段階で躓くことは多々あります。

 

市販のワイヤー仕掛けを流用したバージョンの装着事例を紹介します。

 

 

今回使用したワイーヤー仕掛け。

 

ダイワ  快適堤防タチウオ仕掛ケ移動式3本針TPL 685276

ダイワ 快適堤防タチウオ仕掛ケ移動式3本針TPL 685276

 

 

 ワイヤー全体の長さと、締めにトリプルフックが付いていることが適しています。

 

 

これに補充でフックを装着します。

 

使用したフックはこれです。

ワイヤーを有刺鉄線化するアシストとして機能する事を目的としているため、小型のものです。

 

OWNER(オーナー) スティンガートリプル ST-36TN #12

OWNER(オーナー) スティンガートリプル ST-36TN #12

 

 

 

f:id:K_adviser:20171104121000j:plain

 

ワイヤーへの装着は小型のスプリットリングを使用しました。

 

 

仕掛けの装着例

 

f:id:K_adviser:20171104120959j:plain

 

最初からついている仕掛けの針は遊ばせている状態です。

 

 

アジの口へワイヤーを通す

 

f:id:K_adviser:20171104121002j:plain

 

口が柔らかいと言われるアジですが、下顎はとても硬いです。

 

最初に、ハサミや針外しの棒、などで、硬いところの後ろにある部分から、口へ貫通させたルート作ると、ワイヤーをすんなり通せます。

 

 

この状態にしたものを、先に紹介している平行仕掛けで姿勢を作ります。

 

この時、口から伸びているワイヤーよりも、平行仕掛けの方が短いことで、仕掛けを投げた時には、一切引っ張らない状態になってる事が必要です。

 

 

 

では、なぜこれだと、運任せではなくなるのか。

 

先ず、アジを水平移動させる事で、タチウオが噛み付く方向を限定しています。

 

次に、これがキモですが、アジを全面防御していることで、ワイヤー線のどこかが、必ず支点となります。

 

f:id:K_adviser:20171003183545j:plain

 

左はくちばしが線を噛む図。

右は真上から口をみた際に、噛むことで、口の左右に支点が生まれる図。

 

 

先程、説明したように、口の中に針があり、口のエッジを支点とする通常の方法はタチウオには通用しません。

 

この為、そもそものエネルギー方向を、口の奥から外ではなく、線を噛ませる事で、口の左右に変換する試みです。

 

 

f:id:K_adviser:20171003185556j:plain

 

 

勘の良い釣り人はこの図で気がついたと思います。

 

テンヤもルアー釣りも、口に対するエネルギー方向として、縦だけじゃなく、横であることがとても多いのです。

 

 

 

串に刺さった焼き鳥をくわえて、串を引っ張ったらその先に針が大量に付いてる状態をイメージして下さい。

 

f:id:K_adviser:20171003184531j:plain

 

 

 

デメリットとして、小型のトリプルフックを使うので、大型を想定した場合の強度、更に、釣り上げるたびに、フックが何本か折れるので、採算性は全くありません。

 

ですが、魚の口になぜ針はかかるのか、というメカニズムに基づき、従来あるエサ釣りの概念では対応出来ていないタチウオの捕食に対して、口の左右外側に支点と針がかり位置を想定した、運任せではない仕掛けであると考えます。

 

理論は完璧、あとは実地検証。

小さいエサを飲むまで待てよ作戦に負ける恐れはあります。

 

釣り道を語る ~ゲームの主導権~

インビクタスという映画がある。

 

 


これはネルソン・マンデラ南アフリカ共和国の大統領に就任した直後、黒人と白人が一つになる象徴として、1995年ラグビーW杯に、同国では初の人種の隔たりを除外したチームが挑んだ内実を描いたストーリーであった。


その映画のコピーにあった一文

「 私は我が運命の支配者、我が魂の指揮官である 」

この映画内で使用された曲からとられたフレーズに共感を覚え、揺らぐ意思に打つ楔として記憶している。





帰るという決断


例えば最近、クルクルバチを見ていない。
当然、それに伴う爆釣だなんだというフレーズには縁がない。

その結果、運動不足解消に雨乞いと、風神の舞を週末や潮周りの良い日には行う事にしているが、効果が出ているかどうかは私には解らない。

だけれども坊主と言うワードにも縁がない。


なぜか


特別に上手いわけでも、引き出しが多い訳でもなく、釣りをしないからだ。
水辺に立って、現況を判断した上で、釣りを全くしないで帰るからだ。


だからボウズにはならない。



主導権


自然は思うようにならない。
読んで字の如く、正にあるがままの状態を意味する。

だからといって、こちらも、やらなければならない理由は何もない。
それに付き合わなければいけない、何て事は無い。

勿論、渋いゲームでもしたいと言うなら、やればいいし、釣りをする事が目的でも構わないと思う。

ただ、あくまでも最終決定する権限は自分にある事は忘れたくは無い。
自然だから仕方ないでスタートは切らない。



自然を相手にする、自然に対する、と言うのはこう言う事で、

つまり主導権を失うと言う事は自分までも自然に取り込まれてしまう行為では無いかと思う。

 

 

P.S 2017

 

絶対にその日にやらないといけない釣りって、つまりはヒトに主導権の無い釣りなんですよね。

 

正しい選択

数フレーム、1秒の数分の1が勝敗を分ける世界、世界的にもっとも人気が高いと言ってもいいジャンルのゲーム、

ファーストパーソンシューティング における、とある場面。


狭い空間で発生した、いわゆる遭遇戦闘。


幸運にも、コンタクトした瞬間の立ち位置が良かった。

1対2の状況でダブルキルに成功。


だが、すぐさまに接近する敵の気配がある。

威力が高いメイン武装のマガジン内、残弾は3発。




ここで選択を迫られる



① このまま残弾が少ないメイン武装で接敵する。

→ ノーミスの高難易度プレーが要求される。


② 威力が低い複武装に交換する。

→ 相手が自分と同じ程度の技術であった場合、100%負ける。


③ 一定時間何も出来なくなるが、メイン武装を弾薬交換する。

→ 相手の技術水準が一定以上あれば、何も出来ずにやられる。






① を選択した。


①と③がどちらかというとゼロを起こしやすいリスキープレーだとすると、②は一定量が保障されたアベレージプレーと言える。


ただ、多少の運はどれも必要だが、自分さえミスをしなければ、・・・結果に対して主導権を握る選択肢は①と言える。

技術的な難易度(リスク)を支払うことで、結果に対して、出来るだけ自分のパーセンテージが高いのが①と言える。




①と言う決断、果たして・・・


数秒もなく接敵。
サイトに敵をとらえた瞬間に、大きな発射ブラストが見えた。


グレネード厨だ!

これは火力の高い、爆発兵器を自己被弾も無視して、接近戦でも積極的に使用する手法。

メリットは敵に狙いを正確にあわせる技術が無くても遭遇戦で高い勝率を得られる事。



タタン・・!

相手の放ったグレネードは遥か後方で爆発、行き違いに放たれたメイン武装の弾丸でヘッドショットに成功し、トリプルキル。




正解か?


結果的には不正解だった。


接近していた敵は2人いた。

先に遭遇したグレネード厨を倒した直後、メイン武装の弾薬交換中に、更にもう一人敵が現われ、使用出来ないメイン武装から複武装に切り替えたが、火力負けでやられた。


では何が正解だったのか。

選択肢としてはベターは③だと思う。


まず最初に遭遇したのはグレネード厨だった点が重要となる。

ここでは例えどんな選択肢を選ぼうと、相手が的確にグレネードを打てば100%負ける。
そして同時に、相手がミスをすればどの選択肢でも、100%勝てる。

それならば、次、その後にベストの備えが出来るのは間違いなく③なのである。


つまり、今回に関しては何をやっても運任せに過ぎないので、後の先を取りに行く選択が正解だった。




勿論これは結果論である


確率論としてゲーム内の傾向として、グレネード厨が高い傾向でもあれば別だが、熟練プレイヤーで③を選ぶ人は先ずいない。

それは トータルの確率で見れば、①か②を選択した方が、勝率が良くなるからだ。



昔、スロットマシンで副収入を得ていた時代に、高確率で当たりが出やすい台を引いても、全然アタリが引けないと言う事が何度もあった。

これはサイコロで1が10回振っても出ない事もある様な話。




1年半の内410日、ホールでパチスロ打つと言う意味


ここでその場限りの勝利を求める人は台を移動する。

その移動した先の台で勝てば後付で理由を付けるが、その実、明確な根拠はない。


だけど、トータルで勝つ事を考えていれば、高確率台を打っている確信がある時、絶対に移動しない。

例えその日がどう終わろうと。


そう言った大局で考えられずに、心で行動がブレてしまい、高確率で当りを引ける台を放すような人(その場限りの勝利を求める人)は毎日、年間100日、200日ホールに来れなくなる。

トータルで損をして、お金が無くなるから。

 

判断が生存という最終結果へとシビアに反映されていく勝負の世界において、淘汰されずに生き残っていくとはこういう事。




日本最強の格闘プロゲーマーにして、ギネスブックにも載った梅原大吾の著書を読んで、共感する部分があった。

 

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)

 

 

 

この記事は、以前に他所で書いていた記事をリライトした物です。

 

ワンカレント(One Current 125F)がヤバくね アブガルシア(AbuGarcia)シーバス向けルアー

既に市場デビューしているシーバス用ルアーのワンカレント(One Current 125F)はヤバいと直感的に思ったので、まとめた。

 

 

One Current 125F

 

 

f:id:K_adviser:20171013143652j:plain

 

ピュア・フィッシング・ジャパン/アブガルシア(AbuGarcia)

http://www.purefishing.jp/product/brand/abugarcia/a_bait/salt_lure/one_current_125f.html

 

 

アブガルシア(ピュア・フィッシング・ジャパン)から、この秋に登場した、ザ・秋らしい125mmで18gなフローティングのリップレスミノー、フックは3本搭載。

 

今更、説明も不要だと思うけど、シーバス業界で売り出したルアーの量はトップレベルな村岡昌憲が監修している。

 

対象のエリアは、ネーミングを見ての通り、河川に重点を置いているが、飛距離を活かしてサーフや磯でも使えるとなっている。

 

リトリーブした際の潜行する水深はスペック上では50~80cm、MAXで1mまで入るとのことで、いわゆる尻尾の振るようなウォブリングがベース。

 

 

 

実際に投げてみた感想

 

 

f:id:K_adviser:20171013144905j:plain

 

この間、利根川で30分程度と、夕マヅメのサーフで20分程度使った。

 

どちらも、残念なくらいに流れがなくて、ワンカレントどころかノーカレントだった訳だがそれは別にして使用した感触を説明したい。

 

 

先ず、製品ページでも説明があるのだが、確かにリップレスにしては巻けばしっかりとレンジ(潜行水深)が入り、アクションの強さも出せる。

 

端的に、リトリーブした際の印象としてはサスケ120あたりに近い。

 

www.ima-ams.co.jp

 

アクションを水中撮影した動画はこちら

 

www.youtube.com

 

 

動画では解らない特筆する点としては、飛距離というよりも、キャスト時の性能というのが正しく、それは以下の点においてである。

 

 

あくまで、現在のシーバスゲームの基準だと、125mmのフローティングミノーをフルキャストするには若干パワー不足な86ML、バーサタイルな(万能性を求めた)ロッドを使用していた上での感想になるが、

 

重量の割には細見のボディな事も影響しているのかは不明だが、問題なく振り抜ける感覚がある。

 

 

また、ウェイトボール2個の重心移動によるものとは断定は出来ないが、飛行姿勢の安定性は、現代的水準であり、多少のミスがあっても綺麗な姿勢で飛んで行くという要素を含め、ルアーの飛距離に関して安定することで、

 

最長飛距離だけでなく、1ゲームで数十キャストする、そのトータルでの総飛行距離にかなりの恩恵が有るだろう。

 

以上の2点から、投げていて気持ちがいいルアーであると言える。

 

 

 

一番やばい点

 

熟練者で、おわかりの方は既にいるだろうが、これは特別なルアーではない。

 

必要な性能が平均値以上でまとまっている、という意味で、極めて実務的なルアーと言える。

 

フックも壊れるまでは最初から装着されている標準ので問題がないと思う、3フックは嫌いだが。

 

 

何がヤバい?

 

 

どう見たって金額がヤバい。

 

ワンカレントどころか、ワンサウザントなのである、これだけの性能で。

このサイズは市場だと、2倍のお値段なルアーも少なくない。

 

Abu Garcia(アブ・ガルシア) ルアー ワンカレント125F SSOC125F-IWS .

Abu Garcia(アブ・ガルシア) ルアー ワンカレント125F SSOC125F-IWS .

 

 

 

聞いた情報なのだが、店頭だと 800円 で売ってる所もあるようだ…

 

 

バスの冷え込みを救ったソルトルアーブームが一巡して、昔ほどなんでも売れなくなりつつ有る、という影響が背景にはあると思う。

 

性能的発展が見込めないなら価格勝負だ、みたいなのはスマートフォンでも今起きている2極化の流れである。

 

 

その先鋒にいるのが、タカミヤ(釣具のポイント)であり、オリジナルブランドで、かなりのハイコストパフォーマンス製品を供給しているのだけど、それと並べられる事を考えると、釣具メーカーも対抗していかないといけない空気になってきてるんだろうか。

 

この性能と価格からなるコスパは、タカミヤのブランド、FALKENシリーズのコスパと近いものが有る。

 

ガンシ…によく似ているメバル用ルアー 

 

 

お目もパッチリな小さいハウン…お、おう…

TAKAMIYA(タカミヤ) ルアー FALKEN R SOARING 98F UVボラ

TAKAMIYA(タカミヤ) ルアー FALKEN R SOARING 98F UVボラ

 

 

 

超こだわり派のニッチ層、やりこまないライト層というに市場の二極化は、何の趣味でも起きるものだとして、コスパ系製品の性能が上がれば上がるほど、結果としてニッチ層市場は狭まっていくゼロサムなゲームであり、

 

この1,2年を見るに、それは明らかに一段と狭まった感があるように感じる。

 

ゆえに近年で話題な商品をみると、ジョイクロのようなルアーが話題になったり、ベイトロッドであり、スネコンなどもそうであるし、今後、より一層、特別感がない商品はニッチ層では売れなくなるんじゃないだろうか。

 

 

晩夏のフカセ釣り

twitterで全てを伝えるには長くなりそうなのでブログにまとめる事にした。

 

今回の釣りは、2つの誤算から始まった。

 

9月の中旬、真夏の暑さも薄れた事もあり、以前よりチヌをメインとした堤防フカセ釣りで訪れたいと考えていた、とある堤防に行く事にした。

 

 

さて、公共交通機関で釣りに行く上で、釣り場の近隣がベターではあるが、もしくは経路上に、集魚剤を購入可能な釣り具店があるかどうかは重要な要素である。

 

今回のキッカケとして、これが先ずクリアしたという条件があったのだが…。

 

誤算、その一

 

facebookを見る限り、その釣具店に定休日はなく、木曜だけは13時まで、となっていた筈なのだが、訪れた私の眼前には、平日は13時までと店前の看板では告示され、所狭しとルアーから船釣り、磯釣りの道具が並ぶ店内ではなく、クリーム色のシャッターだけが存在した。

 

「あ、開けてくださいっ! 大西がっ!大西が落ちていたドッグフードを食べて急病なんです!」

 

と生放送でもしていればシャッターを叩く意味もあっただろうが、観客なきボケはただの奇行であり、とにかく餌が買える釣り具店の側にするしかない別プランに変更せざるを得なかった。

 

リカバリーが効いた理由としては、釣り場の近隣ではなく、経路上の早い段階で餌を確保する予定だったこともあり、事なきを得た。

 

 

誤算 その二

 

軌道修正した先で釣り餌も無事購入し、釣り場に向かった。

 

集魚剤として、浅い事から『爆寄せグレ』、そして今回はサナギ中心で考えていた事から、『荒びきサナギ』、これにまいばすけっとで購入した人間が食用の『スイートコーン』を2パック(付餌に一握り取る)を足した。

 

付餌は他にサナギをひとパック購入。

 

さあ、コマセも仕掛けも整い、行くか!と言う所で過去最悪の誤算が発覚した。

 

たも網はあるけど、棒がない…。

 

どうすんだこれ。

 

冷静に考えた結論として『ハリス二号あるし、よほどのことがない限り抜き上げられるだろ』と言うことで、ゴロタメジナをやる様な、道糸3号、ハリス2号で釣りを開始する事にした。

 

 

釣り人あるある

【 そういう時に限って …】

 

f:id:K_adviser:20170913194008j:image

 

磯の上に建てた様な堤防で、随所にシモリがあり、水深は干潮な事もあり2メートル前後、透明度は高く、向かいの強い南風が無ければ、かなり先の底まで見えるだろう。

 

写真中央上にも、大きなシモリ根が、画像水平方向に入っており 、その手前を釣る。

 

一投目から、ウキがジワっと沈む、根掛かりか?

 

しかし、つけ餌のサナギが下半分無くなるのだ。

 

f:id:K_adviser:20170913194452j:image

 

サナギの使用経験がある人なら解るかもしれないが、非常に持ちが良い餌で、つい先日にボラしかいない不幸な海では、三度、四度と打ち直しても、つけたまま、だった。

 

 サナギは食われている?

 

一投目からの好反応に疑念を感じつつも、期待が高まった3投目だった。

 

再びウキがジワっと沈んで行く、今度は合わせずに様子を見ると、更に深く、ウキが殆ど見えなくなるまだ沈む。

 

竿を立てた瞬間、こちらが引いた力を、そのまま弾き返す様な手応えが返る。

 

期待感と共に脳裏によぎる不安。

 

だが、しばし、その不安も忘れる様な鮮烈な時間が訪れた。

 

沖だけでなく、左右にも大きく磯が張り出しており、更に、その構造は、いやらしくもオーバーハングしていて、どうぞ潜ってくださいと、言わんばかりに釣り人からは見える。

 

それを熟知している魚も左に行ってダメなら、今度は右に、と目の前を何度も左右に横切る展開が続く。

 

こう言う時に、鯉なども顕著なのだが、とにかく隙があれば魚の顔を水面から出す様に操作する。

 

ジャンプでのバラシが多い、シーバスやバス、トラウトと違い、元気なのに大人しくなる性質がある様に感じる。

 

「どうしたものか」

 

足元で、沈静化に成功した銀輪に我に返る。

困った事に、太いのである。

 

魚の重さは長さよりも、太さに占める割合が大きく、例えば70cmのシーバスでも3キロに満たない物から、時に4キロを越える個体もいる。

 

下手すりゃ3キロ以上ありそうだな、抜き上げるべく道糸を手に取り、手応えを確かめる、竿で引き抜けば折れるのは間違いない。

 

ハリス2号では、一か八かの重さを確信する、ちょっとでも歯などで傷があれば即、そこから切れるだろう。

 

グッ、魚が水から浮いた、おっ?いけるか、と思った矢先、魚が尻尾を振った事で表面張力の如く保たれていた均衡が弾けた。

 

ヒゲを生やしてしまった申し訳なさが浮かぶ

 

もう、やめるか? 

 

f:id:K_adviser:20170913202323j:image

 

殆ど投げていない大量のコマセに視線を落として考えた。

 

試しにコマセだけ撒いてみると、トンデモナイ光景を見た。

 

クロダイが水面でコマセ食っとるが!

 

 

…ポクポク……ポクポク…チーン!

 

f:id:K_adviser:20170913202530j:image

 

網はあるのだ。

 

そうだ、落としダモを急造しよう。

 

 

f:id:K_adviser:20170913202551j:image

 

若干時間がかかってしまったが、先ず5号のリーダーラインで、タモのネジ部分を固定する事に成功、次に肝心の姿勢制御と、引き上げる構造を水汲みバケツのロープで完成。

 

お、いけるんじゃね?

 

作成している間にも潮は動き、やや水深が深くなった。

 

コマセを撒いてもクロダイの姿は見えない、散ってしまったか…。

 

海の生活圏は時間割なのだ。

 

ここからは怒涛の

 

アイゴラッシュ

 

f:id:K_adviser:20170913203211j:image

 

落としダモ、完全に機能する。

 

 

 f:id:K_adviser:20170913203231j:image

 

だが ツライ、ぶっちゃけクロダイより引くのである、太いし。

 

 その後、延々と、2時間当たりが出続け、そして、水面でコマセを食い出す。

 

それは流行りか、流行ってるのか!?

 

f:id:K_adviser:20170913203434j:image

 

いちいちデカイ。

 

f:id:K_adviser:20170913203750j:image

 

付餌をサナギコーンにしてみるも無駄。

 

更に半端ないサイズもいる様で、ゴロタで40のメジナをかけても平気なセッティングなのに、何も出来ずに沖の根まで走られて、道糸ごと切られてウキを無くす(´;ω;`)

 

 当たりが出すぎて、コマセより先に付餌がなくなる。

 

もうサナギも無くなったし、日も沈むし、コマセを撒かないで、コーンだけ付けて、流して見た。

 

うん?小さいのが、かかったか。

 

30オーバーも含むアイゴを2時間釣り続けたので、手の感覚がおかしい。

 

f:id:K_adviser:20170913204105j:image

 

25cmくらいのメジナである。

 

コマセいらんのかい、そもそも、コーン食うのかおまえ。

 

最後にコマセに混ぜた中からコーンを拾ってメジナ連発を楽しんだのであった。

 

落としダモを最初に閃いていれば、と後悔も浮かぶが、これはタモ柄を忘れた事も失態だが、何よりも思考停止に陥った事こそが、次回への教訓とすべきだろう。

 

帰りの電車で適当に書いた故に、誤字脱字は仕方ない。

 

 

フカセ釣りで使ってる竿

 

シマノ ロッド ボーダレス BB 磯 420M-T 4.2m

シマノ ロッド ボーダレス BB 磯 420M-T 4.2m